【保険は適用?】角質粒(スキンタッグ)の皮膚科除去について

角質粒 除去

 

首にできるイボにもいくつか種類があり、そのうちの一つが角質粒でスキンタッグともよばれています。角質粒は首のイボの中でもアクロコルドンに続き小さめのイボなので、ケアが早ければ簡単に治すことができます。
治療法は様々ありますが、一般的なもので

  • 自宅で治療
  • 美容外科に相談
  • 皮膚科の先生に診てもらう

 

という治療方法がが考えられるでしょう。

 

 

皮膚科での角質粒の除去は冷凍凝固法があり、マイナス196度の液体窒素を使ってイボの細胞を壊死させるという治療です。
この治療には保険が適用されるので、イボの大きさや数にもよりますが、料金も数千円から5千円前後になると思われます。
冷凍凝固法でのイボの除去には麻酔を使用しないので、除去には痛みが伴います。

 

他には炭酸ガスレーザーで角質粒の除去をすることもあり、こちらは麻酔を使うので痛みもなく、短時間での施術を受けることができます。
レーザーでの除去の場合、傷の治りも早く赤みや跡が残りにくいと言われています。しかし年齢によっては傷跡が消えるまでには個人差が出てきます。
レーザーでの治療は残念ながら保険は適用しませんので、施術の料金ははイボの大きさや数で皮膚科によって料金が違ってくるので、お問い合わせすることをお勧めします。

 

≫角質粒を自分で除去できるクリームランキングはコチラ≪