【保険は適用?】角質粒(スキンタッグ)の皮膚科除去について

角質粒を皮膚科で除去

 

首にできるイボにもいくつか種類があり、そのうちの一つが角質粒でスキンタッグともよばれています。角質粒は首のイボの中でもアクロコルドンに続き小さめのイボなので、ケアが早ければ簡単に治すことができます。
病院や皮膚科での治療法は様々ありますが、一般的なもので

  • 皮膚科の先生に診てもらう
  • 美容外科に相談

 

という治療方法がが考えられるでしょう。
皮膚科での角質粒の除去は冷凍凝固法があり、マイナス196度の液体窒素を使ってイボの細胞を壊死させるという治療です。
この治療には保険が適用されるので、イボの大きさや数にもよりますが、料金も数千円から5千円前後になると思われます。
冷凍凝固法でのイボの除去には麻酔を使用しないので、除去には痛みが伴います。

 

他には炭酸ガスレーザーで角質粒を除去することもあり、こちらは麻酔を使うので痛みもなく、短時間での施術を受けることができます。
レーザーでの除去の場合、傷の治りも早く赤みや跡が残りにくいと言われています。しかし年齢によっては傷跡が消えるまでには個人差が出てきます。
レーザーでの治療は残念ながら保険は適用しませんので、施術の料金ははイボの大きさや数で皮膚科によって料金が違ってくるので、お問い合わせすることをお勧めします。

 

角質粒(スキンタッグ)の皮膚科除去まとめ

角質粒を皮膚科で除去

ここでは、皮膚科などの医療機関での治療方法をまとめました。病院での治療だと、比較的短い時間で治療が出来るところが魅力ですね!
皮膚科では、角質粒などのイボは冷凍凝固法・液体窒素などを使用して取る方法が一般的で、短時間で価格も安く抑えられるのがメリットです。ですが、この方法だと色素沈着したり、再発の可能性が高いのがデメリットです。

 

綺麗に角質粒を取りたい方は、美容外科での治療も検討してみても良いでしょう。保険の適用がないので価格は高いですが、顔や首の角質粒を綺麗に治療したい方は、専門の機関を受診してみましょう。

 

病院での治療法もメリットやデメリットがあるので、施術前に担当の先生と相談して、納得のいく治療法を選びたいですね!

 

私は皮膚科に通わずに、顔や首に出来た小さなポツポツした角質粒のイボを自分でケアしています。ヨクイニン配合の化粧品をしようしていますが、継続することで効果が期待できますよ。他にも、ポツポツが出来にくい状態になったので予防効果も高いと感じています。
このサイトでは、私がこれまで使用しておすすめできる化粧品をランキングでご紹介していますので、よかったら参考にしてみてくださいね^^

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

角質粒を自分で除去できるクリームランキングはコチラ