【顔や目元のイボ】角質粒(スキンタッグ)に効く市販薬のまとめ

角質粒  除去

 

顔や首にできるイボの多くは角質粒とよばれるもので、薬局で購入できる市販薬でも治療をすることはできます。
イボの治療の市販薬と言えば『イボコロリ』があり、このイボコロリには、液体、内服薬、絆創膏の3種類があります。
イボコロリの液体と絆創膏の場合は即効性がありますが、強力なため顔や首など皮膚の薄い部分への使用はできません。

 

即効性はないものの首や顔、目元にできた角質粒には錠剤の市販薬に『ヨクイニンSコタロー』があります。錠剤に入っているヨクイニンエキスが皮膚や肌荒れ、イボに効果があると言われています。
肌に直接付けるタイプの市販薬は顔や首への使用はできないので、この ヨクイニンSコタローは特に顔や特に目元にできた角質粒の治療には最適なのではないでしょうか。
そしてこの薬は子供の使用も可能になっています。(5歳未満の使用は避けた方がいいです)

 

他には漢方薬の軟膏の『クラシエ紫雲膏』などがあります。抗炎症作用や抗菌作用があり、保湿効果もあるので角質粒に効果があると言われています。この軟膏なら顔や首への使用もでき、そして色んな炎症にも効果があるので、家にあると安心する市販薬の一つではないかと思います。
他にも角質粒やイボに効果があると言われている市販薬があります。薬を買って治療をすることは簡単ですが、長期の使用で効果があらわれない場合は一度お医者さんに見てもらうことをお勧めします。

 

≫角質粒を自分で除去できるクリームランキングはコチラ≪