【首のぶつぶつ】角質粒(スキンタッグ)の出来る原因とは!?

角質粒  除去

 

加齢に伴って出来る
 

角質粒(スキンタッグ)ができる原因として一番に加齢が考えられます。
加齢とともにターンオーバーの速度が遅くなり、古い角質や老廃物がうまく排除できなくなったり、肌のバリア効果が低下してしまうことも角質粒ができやすくなることの要因の一つです。

 

紫外線や乾燥によるダメージによって出来る

紫外線を浴びることで角質層へのダメージが蓄積され、老化を進行させてしまうことで角質粒ができてしまいます。同時に水分保持がうまくいかずに肌も乾燥してきます。
肌が乾燥しているとターンオーバーが乱れてしまい、これもまた角質粒ができる原因になっています。しっかりお肌の保湿をすることをお勧めします。
しっかりと紫外線対策をすることで肌の乾燥はもちろん、角質粒を防ぐこともできます。

 

摩擦によって出来る

タートルネックなどの衣服や、ネックレスなどのアクセサリーの摩擦によって、皮膚が弱ってしまうことが原因で角質粒(スキンタッグ)ができてしまうこともあります。スキンタッグがある時にネックレスを付けていると、摩擦で炎症を起こしてしまうこともあるので、なるべく首元のアクセサリーは控えるようにした方が良いでしょう。

 

 

≫角質粒を自分で除去できるクリームランキングはコチラ≪