角質粒(スキンタッグ)を自分で自宅で取る方法まとめ

角質粒  除去

 

クリームやオイルでマッサージ

首や顔にできる角質粒(スキンタッグ)は皮膚科や美容外科で除去してもらうことができますが、自宅でもクリームやオイルを使って除去することもできます。
イボに効くといわれているヨクイニンや杏仁オイルが入ったクリームやオイルを使って角質粒のできる原因の乾燥を防ぎ、マッサージすることで肌が柔らかくなり、できてしまったイボが改善されます。

 

はさみで除去

小さなイボの場合は自分ではさみを使って除去することもできます。
小さいイボでしたらそれほど痛みもなく、うまく切ることができれば出血もほぼでなくてすみます。この場合は家にあるはさみではなく医療用のはさみを使用することをお勧めします。
はさみで角質粒を切った後に傷跡に炎症が起こってしまうこともあるので、気をつけましょう。

 

ヨクイニンの摂取

イボの治療に効くといわれている『ヨクイニン』はハトムギの種の中にある天然成分の一つで漢方の生薬として使われています。
ヨクイニンには肌荒れやイボの改善に効果があるといわれ、免疫を高める効果もあります。弱った肌の免疫力を回復させることでイボが改善されます。
ヨクイニンの成分が入った商品には、錠剤やクリームやジェルなどもあり、ヨクイニンエキスなども購入することができます。

 

≫角質粒を自分で除去できるクリームランキングはコチラ≪