【顔、首イボ予防】角質粒(スキンタッグ)にならない予防法について

角質粒  除去

 

ターンオーバーを防ぐ

角質粒ができる原因にターンオーバーがあげられます。
ターンオーバーは年齢と共に毎日の生活習慣や肌の状態によって乱れてきます。ターンオーバーがうまく行われていないと、シミができたりや角質が残ってしまいイボできてしまうということになります。
バランスの良い食事や、規則正しくストレスを貯めない生活を送ることでターンオーバーを正常に行われるよう促すことで、角質粒を防ぐことができます。

 

紫外線対策

日焼け止めを塗り紫外線対策をすることで、肌にダメージを与えることを防ぎ角質粒を予防することができます。日焼け止めも顔に塗るだけではなく、首にも忘れずに塗りましょう。首に角質粒ができやすい場合はスカーフを巻いたり、外出の時には日傘などを使い紫外線にできるだけ当たらないようにするなどのUV対策をし、角質粒を予防しましょう。

 

十分な保湿

肌が乾燥していると肌の柔軟性が乱れてターンオーバーがうまく行われないことが原因で、角質粒ができてしまいます。朝晩の洗顔の後などにはしっかり保湿をして肌が乾燥しないように気をつけましょう。
角質粒に聞くといわれている『ヨクイニン』が入ったオイルやクリームを使うことで角質粒を予防することもできます。

 

≫角質粒を自分で除去できるクリームランキングはコチラ≪