【実は危険?】角質粒(スキンタッグ)にイボコロリは効果ある?

角質粒除去

 

角質粒(スキンタッグ)といの治療と言ってまず思いつくのは『イボコロリ』ではないでしょうか。
このイボコロリがどうして角質粒に効果があるかというと、イボコロリにはサリチル酸という成分が入っていて、サリチル酸には角質軟化溶解作用があります。
その名の通り、角質を柔らかくして溶かしてしまうことで、角質粒に効果があるとされています。
現在、イボコロリには3つの種類があります。

  • 軟膏タイプ
  • 絆創膏タイプ
  • 内服薬タイプ

軟膏、絆創膏タイプには皮膚の薄い部位への使用と顔や首への使用は避けるようにと書かれています。
ですので、首などにできた角質粒にはヨクイニンが主成分である内服薬のイボコロリを使うことがおすすめです。しかし患部に角質粒に直接使用するわけではないので、効果があらわれるまでに少し時間がかかってしまいます。
軟膏や絆創膏タイプを皮膚が薄い部位などに使ってしまった場合は、皮膚が赤くなってしまったり、炎症を起こすこともあります。そしてイボコロリの副作用には、発疹や痒みそして皮膚が赤くなることがあげられています。
このようなリスクがありますので、軟膏タイプや絆創膏タイプのイボコロリはあまりお勧めできません。
肌に何らかの症状が出てしまった場合は、お医者さんにみてもらうことを勧めします。

 

≫角質粒を自分で除去できるクリームランキングはコチラ≪